脱毛情報

日焼けしている状態の肌は脱毛しないほうがよい?

生理中や飲酒後などは脱毛できないサロンが多いです。お肌が敏感になっている状態で処理をすると、肌トラブルのリスクが高まるからです。


同様に日焼けをしている場合は断られることが多いです。



日焼けの程度にもよりますが、ヒリヒリして黒くなっている状態なら避けたほうがいいでしょう。脱毛サロンの多くは、紫外線量の少なくなる秋以降の脱毛を勧めています。肌への刺激が弱くて、肌荒れが起こる可能性が低いからです。


日焼けしている状態は間違いなく敏感肌になっています。メラニン色素が活発に分泌されており、この状態は自己処理も避けたほうがいいのです。無理に自己処理を続けてしまうと、色素沈着により黒ずみが取れなくなる可能性があります。


軽度の日焼けなら処理できることが多いですが、肌質や肌状態の問題もあるので、プロに肌を見て決めてもらいましょう。カウンセリングを受けるタイミングですが、これは日焼けしていないときがよいでしょう。


日焼けしていても脱毛を受けられる可能性はありますが、健康な状態と比べてリスクが高いのは間違いありません。お肌が敏感になっていると、脱毛マシンの出力を大幅に抑えないといけないのです。すると処理回数が増えてしまうので、コストもより高額となります。


処理効果、肌トラブルのリスク、金銭面などを考慮しても、やはり日焼けしているタイミングで処理するのは避けたほうがいいでしょう。


脱毛を考えている方は、日焼けしない状態を維持させましょう。1ヶ月以上は保湿ケアを徹底して、お肌をプルプルにしておくことです。


日焼け止めクリームは雨天以外は使用したほうがいいでしょう。曇りの日は紫外線量が少ないですが、それゆえに日焼け止め対策に無頓着になってしまうケースが多いのです。


いずれにせよお肌が乾燥している状態は、自己処理・サロン脱毛をするのに好ましくありません。保湿力の高いスキンケア用品を使用して、十分に保湿させておきましょう。ある程度高額なものは添加物が少なく、お肌に優しい傾向があります。