脱毛情報

ホルモンバランスの乱れと脱毛との関係

ホルモンバランスは脱毛を行う際に重要な働きをします。


そもそも無駄毛が生えるのは、男性ホルモンの働きによります。それに対して女性ホルモンは、無駄毛が生えるのを抑える働きをします。



男性ホルモン、女性ホルモンは男性だけ、女性だけにだけあるのではなく、女性にも男性ホルモンが、男性にも女性ホルモンがあります。女性の場合、男性ホルモンが男性の1割程度であると言われています。女性で無駄毛が目立つというケースでは、女性ホルモンの分泌が少なく、男性ホルモンの分泌が過剰であることが多いです。睡眠不足や過剰なダイエットによる栄養不足、ストレスなどでこのホルモンのバランスは崩れてしまいます。


女性ホルモンの分泌が安定すると、ホルモンの影響を受けにくい無性毛という毛が増えてきます。無性毛は全体的に細く、生えてくる方向が一定なため、脱毛しやすいのが特徴です。また、レーザー照射ができる成長毛が生えてくるタイミングである毛周期が短いので、短期間での脱毛が可能です。逆に、男性ホルモンが多く分泌されると、強くて太い毛が不揃いな方向に生えるので、脱毛は困難になります。また、毛周期が長いので脱毛にかかる期間も長くなってしまいます。


未成年者で生理が安定していない場合は脱毛ができないというサロンがありますが、これは生理によるホルモンバランスの乱れ肌のトラブルにつながる危険性が指摘されているからです。未成年でなくても、生理中にはホルモンバランスが崩れやすく、皮膚は炎症を起こしやすくなります。そのため、生理中は施術を行わずホルモンバランスが安定してからレーザー照射を行う方が、脱毛の効果が上がります。


ホルモンバランスを安定させ、女性ホルモンを分泌させるためには、睡眠をしっかり取ることが大切です。特に午後10時から午前2時までの4時間での睡眠はホルモンバランスを整えるのに大切です。ストレスをなるべくためず、達成感やワクワク感を通してドーパミンが出るような生活を心がけるのも、ホルモンバランスのためには有効です。