脱毛情報

脱毛をしている時の無駄毛自己処理で注意するポイント

日頃からムダ毛の自己処理をしている人は、サロンで脱毛中も続けたいと思うでしょう。サロンで施術を始めても、すぐには効果が出ませんので、これまで通りの自己処理をしたいと考えるのも当然です。


しかし脱毛をしている最中の自己処理は、注意すべきポイントがあります。基本的には施術を受けるサロンの指導通りにしていただきますが、ポイントを少しお話ししましょう。



まずはカミソリや電気シェーバーでの処理です。最近は、女性専用のシェーバーもありますので、手軽な方法として人気があります。カミソリでの処理は、乾いた肌ではできませんので、入浴時に石鹸をつけるなどしなければいけません。しかし電気シェーバーなら、使用後の保湿にさえ気を付ければ、乾いた肌で使用することができます。


この使いやすさも人気の秘訣です。脱毛の施術中に、電気シェーバーを使ってムダ毛を処理することは可能です。カミソリも可能ですが、できれば電気シェーバーのほうが肌への負担が少ないので、電気シェーバーを使うのが理想です。


カミソリにしても電気シェーバーにしても、切れ味が落ちた刃を使うのはいけません。切れ味が落ちた刃では自然と力を入れて剃ることになり、肌への負担が増します。こまめに替え刃に交換することがポイントです。


毛抜きでの処理も基本的には可能ですが、毛球の形が変わってしまうこともありますので、太い毛を無理に抜くようなことはやめましょう。細い毛を生えている方向に向かってゆっくりを抜く程度なら大丈夫です。


次に家庭用の脱毛機器を使う場合です。家庭用の機器にもいろいろなタイプがあります。熱線を利用してムダ毛を焼き切るタイプの機器は、価格は高いですが肌への負担は少ない安全な機器です。施術中の使用も可能です。


しかし、サロンでの脱毛機器と同じような原理で光のダメージで脱毛を促すタイプの機器は、施術中には使用しないほうが良いでしょう。サロンで使う機器よりは出力は弱いですが、施術によるダメージを増幅させることになりかねません。